メリットの把握

工夫する事で得られるメリットについて

日本の出版社の人たちは多くの外国の本を日本に輸入させて日本人に売っているのであり、書店ではかなりの数が並んでいる。そうではあるが日本人の全員がしっかりと英語を読めるわけではないので、翻訳してある本ばかりとなっている。これは当然の事と思われているのだが、英語を日本語に直す事をしている翻訳会社という物が存在している。そこでは海外の本をひたすら翻訳をする事をしていて、彼らの頑張りが無かったら海外の本を読めないのだ。そこで工夫する事で得られるメリットについては、役割分担をして翻訳を行うと言う事である。この事は一人が同じ本を扱うのではなく、複数の人数で行う事で翻訳の間違いを最小限にまで抑えようとしている。

現在の取り組みやトレンドについて

次に翻訳会社の現在の取り組みやトレンドについては、今までよりももっと多くの本を翻訳しようと言う事である。これはもっと日本人に海外の本を楽しんでもらいたいがために行っている物であり、魅力を伝えるため頑張っている。しかし多くの日本人は翻訳会社がある事を知らないとされているので、この頑張りを知らないのだ。だが翻訳会社の人たちはそのような事を全く気にしていないのであり、むしろ知らないように装っている人もいる。何故ならそのような事を頭の中に入れておくと、翻訳をするという仕事が出来なくなってしまうからである。なので翻訳会社で働いている人はたくさんの日本人に海外の本を届けたいがために、ひたすら訳す仕事をしている。